平成30年度秋季特別展 人の形—祈りをかたどる—

内 容▶人が文化を持つと同時期に始まっていたとも言われる「人の形」に対

    する信仰。人知が及ばないことに対して神に祈り、願い、まじないを

    行いました。中でも人の形に対して祈りを込める事例は、村境に置か

    れる大人形や節句に飾る人形など現在でも存在します。本展示では祈

    りの込もった形を本市の民俗事例と関連づけて解説します。

期 間▶平成30年10月7日(日)~11月25日(日)

    9時~18時、11月から17時まで(最終入館は閉館30分前)

   (祝日を除く月曜日は休館日)

観覧料▶200円(20人以上の団体は100円、生駒歴史文化友の会会員は150円)

    中学生以下の方、市内に在住する65歳以上の方、身体障がい者手帳、

    療育帳又は精神障がい者福祉手帳の交付を受けた方及びその介護者は

    無料


特別展記念講演会

「アメノウズメ神話の時空―“祭り人”と“護り人”」

 元同志社大学教授 辰巳 和弘氏

日 時▶平成30年10月21日(日) 14時〜15時30分

受講料▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

申込み▶申込順 ※10月20日(土)までに、氏名、連絡先をメールかFAX、直接窓口にお越しください)

定 員▶49名


展示解説
日 時▶10月14日(日)、11月11日(日)、11月25日(日) 各14時から

◇閉室期間のお知らせ◇

特別展に伴い、展示室を閉室いたします。多目的室、作業体験室、資料室などは通常通りご利用いただけます。ご了承くださいますようお願いいたします。    期間:10月4日(木)~6日(土)、11月26日(月)~28日(水)

 

ワークショップ「心によりそうミュージアム」

内 容▶博物館ってちょっとむずかしい?そう思う方や博物館ってどんなとこ

     ろだろう?と思っている方、ぜひご参加ください。全3回、年齢問わ

    ず、自由な発想・発言でグループワークを行います。

       …あなたのまなざしがミュージアムの未来を拓きます…

コーディネーター▶吹田市立博物館学芸員 五月女 賢司氏

場 所▶生駒ふるさとミュージアム

日 時▶10月13日(土)、10月20日(土)、10月28日(日)

    13時30分~16時30分

   ■10月13日(土)

    ○五月女氏による講演「世界の博物館の紹介と日本の博物館像」

    ○グループワーク「みんながイメージするミュージアムって?」

   ■10月20日(土)

    ○館内見学

    ○グループワーク「魅力的なミュージアムを考えよう」

   ■10月28日(日)

    ○グループワーク「私たちが考えるミュージアム」

受講料▶無料

申込み▶申込順 ※9月26日(水)~10月10日(水)までに電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

定 員▶24名

  • ワークショップについての詳しい説明はこちら
  •  

    ミュージアム講演会

    「行基とその教え-菩薩道への目覚め-」

    日 時▶11月10日(土)14時~15時30分

    場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

    内 容▶高野山大学文学部密教学科助教 櫻木 潤氏による「行基とその教え

        -菩薩道への目覚め-」。生駒山に眠る行基は、日本を代表する高

        僧のひとりです。民衆に仏教を広めることが禁じられた時代にあっ

        て、あらゆる人びとの救済を目指した彼の活動からその教えを読み

        解き、「行基菩薩」として仰がれた背景について、日本仏教の歴史

        という視点からさぐります。

    費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

    申込み▶申込順 電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

    定 員▶49名(先着順)

     

    生駒の歴史と文化入門講座

    「中世の夢-権力掌握の夢を共有する集団」

    日 時▶11月16日(金)14時~15時30分

    場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

    内 容▶生駒市文化財保護審議会会長の今木義法さんによる講座「中世の夢-

        権力掌握の夢を共有する集団」。摂関家の三男に生まれ、権力掌握を

        目指して激動の時代を生き抜いた九条兼実の日記『玉葉(ぎょくは)』

        を通して中世の人々の夢について学びます。

    費 用▶500円(生駒歴史文化友の会会員は400円)

    定 員▶49名(先着順)


    ミュージアム講演会

    「大和平野部における真宗寺院の広がり」

    日 時▶12月23日(土)14時~15時30分

    場 所▶生駒ふるさとミュージアム、多目的室

    内 容▶本願寺史料研究所研究員岡村喜史さんによる講演「大和平野部におけ

        る真宗寺院の広がり」。

        大和には浄土真宗の寺院が多く存在しますが、平野北部では少ない

        傾向にあります。中でも生駒市域は融通念仏宗や浄土宗の寺院が多

        く存在します。大和平野部での真宗寺院の広がりを通して、浄土教

        寺院の展開を考えてみます。

    費 用▶600円(生駒歴史文化友の会会員は500円)

    申込み▶申込順 電話かファックス、メール、直接窓口にお越しください。

    定 員▶49名(先着順)

    生駒ふるさとミュージアムについて

    中央公民館別館として利用されてきた、旧生駒町役場庁舎を改修・整備し、平成26年2月1日、「生駒ふるさとミュージアム」が開館しました。

    市内の遺跡から出土した土器のほか、古文書、さまざまな民具を展示し、貴重な絵画・仏像などを展示できる設備もあります。

    子どもから大人まで、心地よく、また楽しみながら、親しみやすいミュージアムを目指しています。

    申し込み不要の体験学習(勾玉・土笛づくり)もご用意し、カフェコーナーも常設しています。

    ぜひ一度、ご来館下さいませ。


    展示室について

    企画展示室「夏休み子ども学芸員プロジェクト 成果展~私たちのミュージアム3days~」

    8月に行った子ども学芸員プロジェクトの成果展示を行っています。子どもたちがつくった往馬大社PR作品、瓦の拓本、折り紙作品を展示しております。ぜひご覧ください。(更新:2018年9月15日)



     

    Twitterページへのリンク